霜里農場霜里農場の日々 > 2003年10月14日 稲刈りのはじまった秋の霜里
2003年10月14日 稲刈りのはじまった秋の霜里


ある日の収穫
ある日の収穫。[レタス、間引き大根、いんげん、ツルムラサキ、エンサイ、花オクラ、ピーマン、ナス、にがうり、伏見とうがらし、さつまいも、しょうが]など。
小川も秋の気配がただよいはじめ、稲刈りもはじまりました。13日は大雨のあと暑くなり、つくつくぼうしが涸れそうな声で鳴いていたりしましたが、もう終わりでしょう。
霧の霜里農場樹齢200年の柿の木
左:下里地区は小川町の中でもよく霧がかかります。雨の日などは幻想的です。
ついでに書きますが、「霧里(きりさと)農場」と間違えられる方がいますが、「霜里(しもさと)農場」ですよ。
右:
入ってすぐのところにある樹齢200年の柿の木に実がたわわに実っています。

 ■稲刈り開始
稲刈り開始
稲刈りがはじまり、5反は終わりました。
ただ、今は雨にはばまれてストップしています。


 ■畑の状況は
レタス白菜大根
いま、レタス・白菜・大根といった秋野菜が順調に育っています。
白菜の品種は「金将二号」、
レタスの品種は玉レタス「シスコ」・サニーレタス「レッドファイヤー」「レッドファルダー」ほか・「グリーンウェーブ」、
大根の品種は「耐病総太り」「大師」などのほかたくあん用の「耐病干し理想」、
などを育てています。


キュウリ
また、最後に植えつけたキュウリ(「つばさ」:地ばいにしました)も元気に実をたくさんつけています。


 ■子牛の名前は・・?
子牛
さて、子牛が生まれてから一週間たちましたが、名前が決まりません。
いったいどうしたものでしょうか・・?
ナナ・ルンナ・マリー・メリーこの名前が有力候補です。
頭のところの模様、「7」=ナナに見えませんか?
ぜひ、掲示板へ投票・ご意見記入ください!


 ■子猫の「ター坊」
ター坊
子猫の「ター坊」がやってきました。新たな農場のアイドルです。
詳しくは→こちらを見てください。


 ■「青山大豆」えだまめ
えだまめえだまめ2
今年から下里地区では小川町の青山在来大豆を4.3ha無農薬無化学肥料で栽培しています。
河村さんと7月上旬に播種した大豆が大きくなり、今えだまめの最盛期となっています。
本来、えだまめはこの時期に大豆栽培の副産物として得られるものであって、真夏に「ビールとえだまめ」は不自然なのです。
夏は「ビアフレンド」というえだまめを作ります、寒冷紗をかけないとカメムシにやられてしまうのです。
それはそれとして、このえだまめは絶品です。
いま、河村さんと都幾川村のとうふ工房わたなべ(この大豆の出荷先)へ休日限定でこのえだまめを出していますが、大好評です。
どうぞお試しください。


 ■ハウスのトマト撤去
ハウスのトマト撤去ハウスの中にオクラが!?
ハウスのミニトマトを撤去しました。この時期になるとトマトは金子トマト以外もう終わりです。

おまけ:なぜかハウスの中に八丈オクラを発見。今年はオクラを植えた場所の土地が悪く、また草に負けてしまってぜんぜんダメで、種取りが出来なかったのでちょうどよかった!というところです。


 ■花オクラ
花オクラ
花オクラはほとんど終わりです。大きな実がたくさんついています。



戻る