霜里農場霜里農場の日々 > 2004年05月03日 豊作のいちご
2004年05月03日 豊作のいちご


00

■いちごが豊作です!
0102
今年はいちごが今までに無いような豊作です。
手入れをよくしてやって、枯れた葉・腐った実はすべてかいてやり、
うどん粉病が出ないように水をたっぷり毎日やった結果、
アブラムシもほとんどつかない、大粒の甘いいちごが
たくさんとれています。

お客さんに「アブラムシがついてますがおいしいですよ」と言わなくても
おいしい!と言ってくれるので嬉しいです。

■畑の野菜
今年は異常なあたたかさ、まわりの人は4月中に皆ナス類を定植し始めたようです。
農場でも、早い収穫がはじまっています。
0405
左はもう収穫可能、タマネギ 右はスナックエンドウ

0708
キャベツ、 レタス

09
ゴボウがまだいっぱい残っています。1日3本をノルマにしていますが、まだまだ3列ばかりあります。
掘っているのは、5月1日から研修をはじめた石川さんです。 ■その他
1011
牛の放牧場を、電柵を使って除草をしたいところにどんどん広げています。
電柵の移動は簡単、1〜2日で牛が除草、耕耘してすぐ野菜の定植ができます。
おもいっきり走り回れるので牛も大喜びです。
上はオスの「オーガ」

右写真は、火災で焦げてしまった、樹齢約200年の柿の木ですが、
芽を吹き出してくれました。

12
いよいよ、火災で燃えてしまった母屋の再建の為の
木の切り出し準備が我が家の山ではじまりました。

・他に、田んぼの準備が今日はじまりました。
田んぼの道具、種もみは全て燃えてしまったので、買い直しました。

戻る