霜里農場霜里農場の日々 > 2004年06月27日 田植えはじまる
2004年06月27日 田植えはじまる


00

■田植え始まる
0203
0405
霜里農場の田植えが開始されました。
6月13日に下里分校を舞台にした比企青年会議所主催による 比企あおぞら教室「下里自然分校」 が開校され、小3〜中2まで46人もの子どもたちが農場に田植えにやってきました。
まず最初に皆で農場、バイオガス等(上写真)を見学しました。
それから田んぼのほんの一角ですが、コシヒカリを一俵収穫目標に手植えで田植えを行いました。
子どもたちは田植えもうまく、泥だらけになって楽しく田植えをしていました。

06
また、この日の午後にはこの田んぼの残りの部分を田植機で田植えしました。
午後から梅雨の中休みの快晴の天気となり、抜けるような気持ちよい青空でした。
これから1週間、田植えと麦刈り。1年で1番忙しい1週間が続きます。

■子牛のナナちゃんの今
07
ナナちゃんにも角が生えてきましたが、頭には「7」がまだ大きく描かれています。
牛たちは、放牧されている竹林に生えて来たタケノコをむさぼるように食べています。

■その他
写真がありませんが、畑ではキュウリやナスほか新ジャガなど夏野菜の収穫がはじまっています。


戻る