霜里農場霜里農場の日々 > 2004年07月31日 夏野菜真っ盛り
2004年07月31日 夏野菜真っ盛り
先日まで1ヶ月ほど雨と言える雨がほとんど降りませんでした。
おとといからの台風10号でようやく畑はうるおい、感謝しています。

00
カラフルな夏野菜が真っ盛り。

0102
0304
上:まくわうり(南部金まくわうり)   下:すいか(大和)。

050607
左からエンサイ(空芯菜)、ツルムラサキ、モロヘイヤ。
真夏に取れる貴重な菜類です。
エンサイはニンニクといためて食べ、ツルムラサキにモロヘイヤはおひたしにするとぬめりが出て美味しいですが、ツルムラサキの臭いの好みは人それぞれ。

0809
ぶどう。右側は有機農業でも甘く、おいしいぶどうが出来る「ハニージュース」。

10
かぼちゃ。私の所では「久重栗」「雪化粧」「白爵」、それに今年は「白い九重栗」を主に作付けしています。
スペースをとらないアングルでの栽培の様子は、写真のようにまさに「空飛ぶカボチャ」。
今にも飛んで行きそうです。

1112
ゴマは順調に育ち、きれいな花を咲かせています。
里芋は、雨不足で育ちが思わしくありません。この時期なのに、まだこんな大きさです。

13
キャベツ、ブロッコリー、タアサイなど秋野菜のは種も始まっています。
コンテナと板などで台を作り、涼しくなるようにしてやります。(冷床)

1415
雨不足にもかかわらず、人参(黒田五寸)は元気に発芽しています。

16
ソルゴー(緑肥)。緑肥の意味もありますが、加工用トマトとジャガイモを近くに植えざるを得なかったので、テントウムシダマシ(害虫)避けに使う為に間に植えました。

17
うめぼし。

18
子牛のナナちゃん。もう角もだいぶ伸びてきました。
石川さんが刈って持ってくる草をじーっと見ている様子です。



戻る