霜里農場霜里農場の日々 > 2004年08月08日 8月を迎えて
2004年08月08日 8月を迎えて
8月に入り、夏も本番となっています。
下里地区でも8月2週目に入って、田んぼの稲の穂も出始めています。

■合鴨たち
00
早朝5時半、合鴨にエサをやる様子。
稲は大きく伸び、合鴨もなかなか見えません。しかし、エサの時間に「おーい」と呼ぶと稲を倒しそうな勢いで向かってきます。この稲への刺激が稲を強くします。

■大豆
01
下里の大豆畑の様子。今年度は下里地区での無農薬無化学肥料大豆の作付けは5町歩近くなっています。

■山仕事終了
02
昨年の火災よりまもなく1年が近くなります。
この一年間、助けて下さった皆さんには本当に感謝しています。
母屋の再建のための、昨年末からの山の木の切り出しは6月末にようやく終了しました。

100本もの木は林道に下ろしてあり、明日8/9より搬出がはじまります。
母屋の建築開始は、来年(2005年)春の予定です。

■山仕事終了
0304
8/8の夜に、レタスのは種の準備を行いました。
レタスは冷涼な気候を好み、25度以上休眠してしまい、そのまま種をまいても発芽しません。
なので秋に収穫する為に、8月に種をまくレタスの種は、休眠を打破する為に低温処理を行います。

手順
1. 種を品種ごとに布につつむ。
2. 1昼夜(急ぎの場合2〜3時間)水につける。
3. 冷蔵庫の野菜室等に入れ、40時間(急ぎの場合一晩)おく。 →これで完了。

■オクラの自家採種
05
我が家ではオクラは「八丈オクラ」を作っています。
この品種は普通の品種と違い、さやが長くなってしまっても柔らかいのです。

自家採種のために3本ほど収穫せず、実を大きくさせています。
秋になったら乾燥した実を収穫、種を取り出し保存します。

八丈オクラが欲しい方は、日本有機農業研究会などに問い合わせてみて下さい。

■キツネノカミソリの群落
06
私の家の近くに「カタクリとニリンソウの里」があります。
(下里・槻川柳町橋のたもとに入り口/下里バス停から徒歩10分)
現在、キツネノカミソリの花が普通より早い見頃を迎えています。

戻る