霜里農場霜里農場の日々 > 2005年01月20日 1月の霜里農場
2005年01月20日 1月の霜里農場


新年明けましておめでとうございます
 一昨年十一月末の火災に際しましては皆様に様々なお気遣い頂きましたこと改めて御礼申し上げます。農場の昨一年間は、お陰様で家族、研修生一同、大過なく元気に土に取り組むことが出来ました。

 この間伐採した山の檜や杉、約二百本を七月に製材。一時期は所狭しと空き地に積まれていましたが、農作業の合間に一部皮をはぐ作業をし、十一月にはどうにか簡単な屋根付きの小屋下に収納。今年春から夏にかけて建前。母屋再建完成は来春の予定で、皆で力を合わせている所です。
これから先も何卒よろしくお願い申し上げます。尚本年の皆様のご多幸を祈念いたしております。
  平成十七年 元旦



01
02
12月24日 霜里農場「大忘年会」の風景

0304
12月31日に雪が降り、こちらでは15センチ程積もりました。
暖冬との予想だったのが一転、12月下旬より、例年より寒い冬が続いています。
朝は氷点下10度まで下がる日もあります。


05

0603
堆肥の切り返し / 芽の出始めた小麦畑(11/14は種)

07
落ち葉はき。今年の夏野菜のための苗作りにはかかせない、踏み込み温床を作ります。
踏み込み温床の作り方についてはこちらをご覧下さい。(2004/2/12)

10
これが温床の枠組み

1112
カモをどんどん解体中。昨年の鳥インフルエンザ騒ぎの影響で、カモを解体してくれる所が無くなったため、すべて手作業。
近所の小学生の女の子達が遊びに来て、研修生たちと遊びながら興味深そうに手伝ってくれます。
「これは、将来は有機農家のお嫁さんしかないね。」(美登さん談)

13
雪の日は、ハウスでおしゃべりしながら花オクラの種取り。乾燥させたさやを割るだけです。

1415
ある日の収穫 / 面白い形の大根

→たくあん漬けの方法をまとめました。興味のある方はご覧下さい。

<おまけ>
1617
遊んでます。 / 雑木林でポーズをとる霜里農場のヨン様??

戻る