霜里農場霜里農場の日々 > 2005年07月07日 美しき下里の麦秋、麦刈りそして田植え
2005年07月07日 美しき下里の麦秋、麦刈りそして田植え      [このページの担当:ケンタ]
今年は梅雨に入ったと思ったら、2〜3日雨が降っただけで
すぐに中休みに入ってしまいました。
1週間弱、35度以上の猛暑が一年で一番忙しい時期を直撃!
研修生はたまりません。
そのかわり、晴れ間を利用して一気に田植えを進める事が出来ました。
夏野菜の様子も伝えたいのですが、量が多すぎるのでそれはまた次回お伝えします。
01
0203
半分が麦畑に埋め尽くされた下里。
「麦秋」の風景は本当に美しいものです。
「21世紀は耕す文化&美しい「農」の世紀」だと美登さんは言いますが、
本当にその通りだと思いました。



0405
0607
0809
100人もの人が訪れた6月13日の「米作りから酒造りを楽しむ会」を皮切りに、霜里農場の2005年の田植えが始まりました。
6月下旬には千葉からアイガモのヒナが届き、
1週間程小屋で育ててから田んぼに放しました。
ピーピー鳴きながら田んぼの中を泳ぎ回っています。 何匹か写真に見える黒すけはオスのカモです。
右下の高校生が私。

・おまけ
10
麦刈りの途中で研修生のヨン様が土手にキジの親子を見つけました。



戻る