霜里農場霜里農場の日々 >2006年03月17日 霜里農場特別企画 健太君合格特集!
2006年03月17日 霜里農場特別企画 健太君合格特集! [担当:金子友子]

皆様、霜里農場から岩大生が誕生しました!岸岡健太君です。
12月9日に茨城大の推薦入試で”落ちた”と知った時は、
自分の事のように内心本当に残念でなりませんでしたが、
今回は健ちゃんから”合格しました”って電話があった時は、
これは本当ーに嬉しいってこと。

3年4ヶ月前 健ちゃんが初めて農場の実習生になった14歳の春
12月12日頃でしたかしら?
ひざ小僧出して半そで半ズボンの姿は、
高橋のお母さんじゃないけど私達も忘れられません。
あれから我が家のごはんを食べ続けて、こんなに大きくなっちゃって、
で、ふうどその他の皆様にもメールをお願いして
披露する事になりました(先に読ませていただいたけど)。
涙が出る皆さんの愛情あふれる文章ばかり。ありがとうございました。
もっと書こうと思ったけどこの辺にして
他の皆さんのを読んでいただく事にします。
金子美登・友子    


ふうどのみなさんへ

事務局・高橋です。

先ほど、少し情報発信致しましたが、NPOふうどのwebを担当してくれて
いる岸岡君が岩手大学農学部に合格しました。

彼は、中学3年生の時から、NPOふうどの活動に参加してくれ、ふうどの
最年少会員として、また、スタッフとして活躍してくれています。

彼をこの道に引き込んだ私としては、非常に感慨深いものがあります。
彼と初めて会った中学3年生の10月21日のことが、昨日のように
思い起こされます。

みんなでお祝いしてあげたい、です。
どうか、彼へのお祝いのメッセージをお願い致します。

このMLに投稿して下さい。
喜びをみんなで分かち合いたいです。

ではでは、よろしくお願いします。

みどりが丘の母・高橋より
NPOふうどの皆さん

岸岡健太です。
今日、岩手大学農学部に合格しました。
学科は、農林環境科学科です。
茨城大学の推薦入試がダメだった時は、もうダメかと思いかけましたが、
何とか現役で合格したいとの思いから12月、1月は必死で勉強しました。
2月25日に二次試験を受けに岩手へ行き、今日合格発表。
合格でした。

NPOふうどに入ったのは高校1年生の春。
その頃大学に行く気もなく、このまま小川で農業をやりたいと
思っていましたが、
研修先の金子さんや、NPOふうどをはじめ小川町の皆さんから
自然エネルギー・里山を活用して地域を豊かにする術について
の様々な事を学び、
このまま農業もいいけど、もっと大きく夢を持ちたいと感じるようになり、
高2で大学に行く事に決めました。

岩手は最初は第1志望ではなかったので、よく調べていませんでしたが、
いざ調べてみると岩手では
県知事が「がんばらない宣言」(経済成長ではなく、田舎なら
ではの様々な豊かさを活かす)を出していたり
岩手大学の牧場はホルスタインをやめてジャージーに転換し、
国産自給飼料のみで牛乳をとる取り組みをやっていたり、
岩手大学は自然エネルギー温室の取り組みを行っていたり
となかなか進んだ取り組みをしている事が分かりました。
山もいっぱいあるし、気に入って今では岩手は第1志望です。

小川の皆さんのおかげで第1志望に合格できました。
本当にありがとうございます。
小川町の皆さんに会わなかったら、今の私はなかったと思います。
何だか自分勝手な事ばかりしていたのですが、
何にもやる気のなかった私に夢と希望と向上心をくださった(
オーバーかもしれないけど本当に)皆さんに本当に感謝しています。

私の夢は「里山を活かして、日本の農村を豊かで美しく自慢で
きる場所にしたい」ことです。
具体的にどのような仕事につけばよいかまだ分からないので、
大学でそれについてよく考え、小川町で学んだ事をもとに
地域資源を活用した循環が成り立った、豊かな未来の社会作り
についてさらに学び、研究をしたいと考えています。
そして、いつか小川町の人に恩返しがしたいです。

大学に入ってもNPOふうどの会員であり続けたいと思いますが、
岩手に行ってだいぶ遠くなります。
でも、自分なりにずっと活動には関わりたいので、
どうぞこれからもよろしくお願いします!

本当に本当にありがとうございました!!!   岸岡 健太
健太君

合格本当におめでとう!!
我が家にも同年代の娘がおりますが、なかなか進むべき道を
見つけられなくて悩んでいます。そんな中、自分の意思を
しっかりと持ってそれを貫いていくべき道を歩んで
行く健太君は本当に立派だと思います。
夢をもっともっと大きく持てるようがんばってください。

S.M
岸岡健太さん

合格おめでとうございます。

岩手は木質エネルギー利用の先進地だと聞いて
います。ぜひ、山に入って、山を元気にすることが、
仕事として成り立つ仕組みについて、ぜひいろいろ教えてください。

私も親と離れて学生生活を送りましたが、
とっても楽しいものです。わいわいやりながら、多くをつかんでください。

これからの健太さんに期待しています。
私も、若さの刺激を受けて、進んでいきたいです。
K.A
ケンタくん

合格おめでとう!!!

そうですね。日本のこれからの農畜産業や林業のあり方を
考え、実践力を養っていくには、岩手はまさに理想的な場所
だと思います。健太君を茨城大学から引っぺがして岩手へと
導いたのは、神農様(本家は中国ですが)の思し召しだと思います。
岩手は日本の木質エネルギー利用の先進地なので、仕事の関連
でその方面で活躍されている方を何人か知ってますが、元気と、
そして東北人特有の忍耐力を併せ持った人間味豊かな方々が多い
と感じています。
基本となるキャンパス内での勉強や研究も大事ですが、そうした
魅力ある人々との交流を通じて、人間の幅を一回りも二回りも広
げてください。小川町とはまた一味違った出会いと体験の可能性
に満ち溢れた土地です。
また、私自身は残念ながら行ったことはないのですが、早池峰山は
珍しい高山植物の宝庫で、麓には民話で有名な遠野もありますので、
じっくり旅して回ると面白いと思いますよ。

楽しみながら実践と組み合わせて学んでください。
また、純粋なケンタ君にお勧めするのが良いかどうかは判らないの
ですが、上記のような地域・社会づくりに将来本気で関っていくので
あれば、行政や政治家が、どのような形で地域の農林業と関っている
のかを身近に見聞しておくのも良い勉強になると思います。岩手の場合、
そうした部分は良くも悪くも埼玉よりずっと色濃く地域に反映している
でしょうから。
・・・とまあ、小理屈を並べてしまいましたが、そんなことは全部無視
して、東北美人と恋におちて、啄木風に破天荒で無責任な夢に身を任せる
・・・などという学生生活も好いかも知れませんな。
では、では。

K.A
健太君

おめでとうございます。
本当に、今売り出し中の「岩手」ですから、
たくさんの夢に触れることができ ますよ。いいなあ。
あそこは、寒いから、半ズボンではダメだよ。

K.S
健太さん 岩手大学農学部に合格おめでとうございます。

高校に入られる前から、志がしっかりしていた健太さんですから、
大学に入学した後も、一本の道がしっかり見いだせると心から信じています。
農業をやる環境としては、様々なものがそろっているし、
なんといっても、農業にかける意欲が違います。

そういう環境を最大限利用して、
一回り大きくなって小川に帰ってきてください。

こころからおめでとう! 

M.K
祝合格そして、祝卒業。

健ちゃん、霜里農場研修生を代表して「おめでとう」を伝えます。
夕べは美登さんも友子さんも、きっと喜んだことでしょう。
とにかく、ヨカッタ、ヨカッタ、ほんとにヨカッタ。
岩手大なんて、健ちゃんらしい選択でなんだか憎いですねぇ。
霜里農場で種の採取をしたり、家畜の世話をしていた
健ちゃんの姿が今となっては眩しく懐かしいです。
バイオへの生ゴミ投入もよく一人でやりましたね。
これからの健ちゃんの成長(背もまだ伸びるのかしら?)
を楽しみにしています。
さぁ、お祝い会の準備をしなければ。

霜里農場の仲間を代表して
Y.S
岸岡さん

合格おめでとう!
農林業は課題と可能性がてんこ盛りです。
岩手にはその現場がいっぱいあります。
どんどん吸収して、その力を(ちょっとでも)NPOふうどへ
投げつけてくださいね。

M.K
健太君、本当におめでとうございます!
素晴らしい!!!
岩手の気候風土の中で、実地と理論と
(そしてもちろん、遊びも!!!)色々と吸収され、
健太君の夢をさらに大きくしてきてください。
そして、また大きなお土産を、
将来の小川に持って帰ってきてくださいね。
心から拍手!

T.W
岸岡君、合格おめでとう。

これからの日本にとって、なくてはならない学問を
修められることを、頼もしく感じています。

かぶった液肥の匂いを思い出したら、新しいプラントでの
新しい匂いを嗅ぎに来てください。

お元気で!!
T.F
ケンちゃん、おめでとう!!!

まあ、受かるとは思ってたけど(って言うか、
ケンちゃんを取らない大学なら行く価値無し!?)、
やっぱりうれしいです。

ちょっと固くなった土に種が埋まっていたんだよね。
それをケンちゃんが耕して、良い堆肥を入れて、いま芽が出たんだね。
小川町の人達が手助けしてくれたね。大切に育て
て下さい。きっとすばらしい実がなることでしょう。

今の世の中、固い土に埋もれてしまっている良い種が多過ぎだー!
どうしたらそんな希望の種が芽を出せるようになるんだろう。

これからも時々は会いたいですね。

大学生活、岩手生活を楽しんで下さい。
そしてたくさんのことを吸収して。

F.S
健太君

合格御芽出度う!! 
7年前だったか みどりが丘まつりで短パンに
半袖Tシャツの健太君にあった時 のおどろきは忘れられません。
その頃、すでに有機農業をやりたいと思ってい たのですよね。
まだまだ これからも応援し続けますからね

F.S
ケンタさま

 合格おめでとうございます。

 岩手大学農学部、、、宮沢賢治ゆかりの学校ですね。素晴らしいです。
小川町を、まさに彼の目指した理想郷「いーはとーぶ」にすべく、
さまざまなことを吸収してきてください。
 そして決して社交辞令でなく、会議において、あれだけこみ入った話を
要領よくまとめている姿を拝見し、いつも感心していました。
それだけに、岩手大学における勉学が必ずや
実り多きものとなると確信しております。
でもあまり「がんばらず」、少しずつ少しずつ、
前進していかれるよう、心からお祈りいたします。

H.K
ケンタ君合格おめでとうございます。
岩手大学のキャンパスは拝見したことがあります。
とても広くていい雰囲気でした。
楽しく充実した学生生活をすごしてください。

M.M


→岩手大学農学部Webサイトへ
戻る