霜里農場霜里農場の日々 > 2006年4月7日 霜里農場特別企画 霜里動物ランド
2006年4月7日 霜里農場特別企画 霜里動物ランド [担当:山田勇一郎]

このページを担当していた岸岡君が岩手大学に入学したので今回からは私山田が担当させていただきます。

今回は霜里一の動物好きである山田が担当すると言うことで農場の動物特集をお送りしようと思いますが、その前に一応最近の農場の様子をお知らせします。



農場のすぐ裏にある分校の桜も、例年より約一週間開花が遅れはしま したが、ただいま満開です。畑の中に机を並べてお花見がてら昼食をとりました。

右側に見えるのがトウが立ったハクサイです。白菜、タアサイ、カブ、京菜、小松菜などのアブラナ科はトウが立つと菜花になり、それも手で摘んでおひたしなどでおいしくいただけます。それぞれがその元の野菜の特徴を少しずつ受け継いでいて葉の形がどれも個性があり、味も違います。農場で一番おいしいと評判なのは白菜の菜花です。その証拠に飢えたヒヨドリ達が真っ先に食べに来るのは白菜なのです。

  

畑では二月から温床の上で育苗していた苗たちの定植が始まっています。左からキャベツ、レタス類、右は露地に種を蒔いておいたネギの苗を定植したところです。定植するときにはポットごと液肥につけてから植えつけます。これを「弁当肥」と呼んでいます。レタス類はサニーレタスと巻きレタスを交互に定植すると畑が美しくなります。

金子氏曰く  「畑はキャンバスですから」



さて、ここからは霜里動物ランドの始まりです。

まずは私が愛してやまない猫の ユミちゃん です


卒業したかわいい元研修生に似ていることからユミチャンと名づけられました。

一番左から、生まれたばかりのユミチャン、メタン発酵槽の投入口に落ちたユミチャン、おねむのユミチャン、おきたユミチャン、さらにKA☆TU☆RAをいぢめるユミチャンです。最後の写真は猫にかぎらずよくある風景だそうです。



次はナナちゃんです



やはり農場のアイドルといったらこのナナちゃんです。農場を見学に来る大人も子供も、一番足が震えるのはオウガを間近でみた時ですが、一番心癒されるのはナナちゃんなのです。生まれて間もないナナちゃんだけを知っている方から見たら「あら?いつの間にかレディーになったのね!」と思ったはずです。しかし、次の写真を見てください。



どうでしょうか?

「あら?ちょっと太ったんじゃないのかしら、そうねえ、年頃だものねえ、私もナナちゃんぐらいの頃は水を飲んでも太ったものだわ」と思いましたよね。しかし、次の写真を見てください。

ナナちゃんは巨乳だったのです!

いいえ、そうではありません。ナナちゃんは妊娠十ヶ月。もうまもなく出産するという妊婦さんだったのです。レディどころではありません、もうすぐマドモワゼルになろうとしているのでありました。

ちなみに旦那の名前は「アンドレア・ザ・ショーグン」です。ショーグンが名字だとすれば「○○・ショーグン」、アンドレアが名字だとすれば「アンドレア・○○」となります(○○は生まれる子の名前です。実はもう決まっているのですが、うまれるまで楽しみにしておいてください)。

ただ、このような場合「ザ」はどうなるのでしょうか?「ザ」は何なのでしょうか?「ショーグン」君の父君が「アンドレア」で、母君が「ザ」だったのでしょうか?気になって眠れません



この他にも霜里農場には愉快な仲間がいっぱいいます。 猫ちゃんはただいま十一匹
         
さぶろう(3,8キロ)、トロ(3,9キロ)、ちこちゃん(3,2キロ),ゴン(3,5キロ)、ナレちゃん(2,3キロ),ちいちゃん(2,8キロ)、ロビン(3,3キロ)、ユウコタン(1,8キロ)、KA☆TU☆RA(2,2キロ)、ユミチャン(2,1キロ)、もんちっち(未計測)です。
カッコ内は体重です。農作業の合間を縫って私が計量しました。

最近おとなしくなったさぶろうはあまいものが大好き。一番かわいい声でなくトロは毎日チコちゃんと仲良く遊んでいます。ゴンは卵を割って食べることを覚えてしまったので罰を受けています。ナレちゃんは大きくならないでとてもかわいいです。ちいちゃんは全くなれてくれないのでこの写真の距離が限界でした。ロビンは変わり者です。よくゴンに乗られているようです。ユウコタンはいつも顔が汚くてくしゅんくしゅんやっているのであまり人気はありませんが私は好きです。KA☆TU☆RAは一番慣れていて呼べば走ってきて肩に飛び乗ります。ユミチャンはかわいい。もんちっちは最近近所の子供に拾われて仲間入りしました。
犬は一匹だけ、プリマべーラ。

鶏は現在二百羽以上が生活していますが、私は一羽だけ名前をつけて特別にかわいがっています。その名も「小十郎」です。じつは女の子なのですが、その堂々たるたたずまいはまさに小十郎たる威厳を備えているようです。合鴨も一羽だけ「クロスケ君」と名前をつけてかわいがっていたのですが先日天に召されました。

雄牛のオウガは相変わらず元気です。

金子夫妻>オウガ>猫ちゃんたち>研修生>ナナ>プリ>鶏>ナナホシテントウムシ>ダイコンサルハムシ>アブラムシ>夜盗虫、、、、、、

戻る