霜里農場霜里農場の日々 > 秋02 里芋とヤツガシラの土中保存
秋02 里芋とヤツガシラの土中保存


夏の間ぐんぐん成長した里芋は秋、9〜11月に掘り起こして収穫します。
その里芋は霜が何回か降りてから全て掘り起こし、貯蔵します。
その際、特別な設備などが何も無くても出来る、簡単な貯蔵方法は土中貯蔵です。
私の農場で何十年も続けている方法を紹介します。
この方法で、翌年の春まで芋を貯蔵出来ます。使うときは、随時掘り返してゆきます。
4〜5月になったら全て掘り起こし、種芋に使う事が出来ます。

1. 深さ7〜80センチ、幅1メートル程度土を掘る(稲ワラを立てた時、ワラが少し土の上に出る程度)
01

2. ネズミよけのため下に金網を敷き、側面に稲ワラを立てかける。(上下交互に張りつめる)
02

3. 茎を切り、小芋をつけたままの芋の固まりを逆さまにして(ブロッコリーの形)金網の上に3段に積み重ねる。
03

4. 重ね終わったら、稲ワラで覆い、籾殻を入れる。(芋の上5〜6センチまで)
04
05

5.その上に土を10センチほどかぶせ、トタンを置く。完成。
06

戻る