霜里農場動物たちの紹介 > 牛たち
牛たち

搾乳
三頭のウシたちは家族のようにかわいい。
家畜小屋は家畜の声が聞こえる、住まいの近くにあるのが鉄則。
異常にすぐに気づいて飛んでいけるから。
エサは、ワラ・笹の葉・クズ野菜を基本に、その季節ごとにあるもの
(春〜秋:雑草、秋:大豆殻、冬〜春:山に生える小さい常緑樹のアオキ)をやっています。

常に一頭のメス牛から牛乳を搾れる状態に保つようにしておき
(1〜2年に1回、約21日毎の発情期をみはからって種付け、
種付けした日から+1年−3ヶ月+6日後に出産)
、毎日朝夕に牛乳を搾ります。



牛もどんどん代替わり。ナナちゃんの子が多くなってきました。

かぐや
かぐや (メス)

農場の牛の最年長。2006年夏生まれです。


オバマ
 オバマ (オス)

霜里にもオバマがいます。かぐやの子で、もちろん2009年夏生まれ。つぶらな瞳で何かを訴えています。


ななみ
ななみ (メス)

「ナナ」ちゃんの子であるななみちゃん。2009年秋生まれ。よろしくお願いします。


みらい
みらい (メス)

霜里に2009年秋、秋田県鹿角から短角牛がやってきました。性格は細かい事は気にしないタイプで、今後の放牧場拡大(近いうち計画中)に大きな力となりそうです。


■亡くなった牛たち 〜いままでありがとう〜

バンビ
バンビ (メス)

ホルスタインですが、ジャージーの血も入っています。
とてもおとなしく、皆にかわいがられていました。
誰にでも乳搾りをさせてくれた、心が広く優しいお母さんです。


オーガ
オーガ (オス)

暴れん坊将軍とはこいつのことです。
バンビからうまれました。
2003年春まで町内の荒野へ開拓に行っていましたが、エサがなくなり逃走。
大脱走劇ののちエサのジャガイモにつられて捕獲され、戻ってきました。
食欲旺盛、逃げ出してキャベツや京菜を食べたり、納屋からわらやぼかし肥や大好物のニンニクなどを引っ張り出して食べてしまったり。
悪知恵を思う存分発揮してくれる一方、草取りや竹藪の開墾など、農場の復興に大きな力となった牛です。


ナナ
ナナ (メス)

2003年10月6日に「バンビ」からうまれました。
生まれたときから頭に名前が書いてあったので、それに決めました。
見えますか?

いつもみんなに愛嬌をふりまく農場のアイドルでした。
しかも、乳搾りは金子さんにしかさせてくれない。研修生にとっては高嶺の華です。
「受験の神様」「銭金」などのテレビ出演経験もあり、
さらには研修生有志によってナナちゃんダンスが出来るなど、しもさとの歴史にのこる牛です。




戻る