霜里農場 > 太陽光利用
太陽光利用

太陽電池と太陽光温水器太陽電池利用のアイガモ用電気柵





■太陽エネルギーを電気に換える太陽電池
セルを配線し、プラスチックフィルム、強化ガラス、アルミフレームなどを配し、太陽電池のモジュールを仲間たちと作ります。
わたしのところでは、バッテリーにためた電気を、水まき用の水揚げポンプやカモの電柵に使っています。



■太陽電池利用の揚水
我が家の装置は一日7〜8時間使える。日が照ると畑が乾き、水まきが必要になるが、電気も良くたまるので好都合。



■太陽電池利用のアイガモ用電気柵
田んぼなどに除草用に放すカモをキツネなどから守る。太陽電池で、つねに柵に電気を流し、カモを狙ってきたキツネや野犬などが柵に触れるとこの電気にしびれて退散する仕掛け。



■太陽光利用に興味がある人へ
有限会社エルガ
エルガでは人まかせになった生活を自分達の手にとりもどす道具としての自然エネルギー(太陽光)利用を提供します。

NGOソーラーネット
開発途上国に手作り太陽光発電の設置・普及活動を行っています。



戻る